オリジナルドレスは素晴らしいけれど、式のあとはどうする?

パーティー用のカラードレスや、シンプルなワンピースに

世界で一つしかない自分だけの花嫁衣装をまとって結婚式をしたい、と願う女性はたくさんいます。デザインを一から考える必要がありますし、手間もコストもレンタルに比べてかなりかかってしまうのが難点です。しかし、自分の体にぴったり合った、理想的なウエディングドレスを手に入れることができます。でも、オリジナルのドレスって挙式後の使い道はあるのでしょうか。せっかくの思い出のドレスですから、クローゼットの中に眠らせてはもったいないですよね。そんな時には、ウエディングドレスのリメイクを請け負ってくれる業者に持ち込んでみましょう。デザインもかなりアレンジできますし、好みの色に染めてもらえるので、ワンピースやカラードレスなどに作り直せます。

ウエディングドレスを素材に、赤ちゃん向けのドレスを作る

自分のオリジナルドレスやウエディングベールなどを素材にして、おしゃれなベビードレスにリメイクすることも可能です。結婚式やお宮参りの時などに赤ちゃんを可愛らしく着飾ることができますね。ドレスの布地を使って、ワンピースタイプのベビードレスや、赤ちゃんの頭部を飾るベビーターバンなどを作成してもらえます。生まれたばかりの赤ちゃんの体を包み込む、アフガンを作ってもいいでしょう。他にも高級感のあるスタイにリメイクする方法もあります。リバーシブルタイプにもできるので、見た目がいいだけではなく使いやすさの面でも満足できます。自分の思い出の品が、形を変えて赤ちゃんの為のアイテムになるなんてすてきなことですよね。

ウェディングドレスのレンタルを選ぶ時は、ブライダルフェアやレンタルショップなどで試着をしてから選ぶと良いです。また、余裕のあるスケジュールで早めに決めましょう。